21st , Dec. 2016

フレデリック・カッセル
マロングラッセ

2017年は栗に注目!冬の褒められ手土産はマロンのスイーツに決まり

年齢、性別問わずいつでも喜ばれるのは、栗を使ったスイーツ。フレデリック・カッセルから、マロンをテーマにした限定スイーツコレクションが登場します。

maron フォンテーヌブローに本店を構えるスイーツブティック、フレデリック・カッセル マロングラッセ

深い森に囲まれたパリ郊外の古都・フォンテーヌブローに本店を構えるスイーツブティック、フレデリック・カッセル。こだわり抜いた素材と伝統が紡ぎ出す繊細なパティスリーは、世界中で多くの人々を魅了しています。

フレデリック・カッセルが毎月テーマを決めて東京とフォンテーヌブローで共有する“Inspiration(インスピレーション)”は、年2回のスペシャルなスイーツコレクション。

素材は産地や品種、作り方によってさまざま。素材そのものの味わいはもちろん、素材同士の味わいをグラデーションにしたりと、伝統的なフランス菓子を踏襲しながらも 自由な感性で生まれるコレクションです。

2017年初となる”インスピレーション”は…マロン

unnamed-10

フレデリック・カッセル好きにはおなじみの「ミルフイユ・フィンガー」 をはじめ、「マカロン」「サントノーレ」 、そしてメレンゲのプティガトー「プティ・メルヴェイユ」など、マロン深い味わいとのマリアージュを楽しめるラインナップ。

なかでもゆっくりと煮つめた大粒のイタリア栗のマロングラッセは、口に入れたとたん、なかから栗の甘みと香りがあふれ出ます!

ホームパーティなどのイベントも多く、手土産に悩む12月、1月。スペシャルなマロンのスイーツは、この冬のお遣い物におすすめの品。限定コレクションなので、見逃さないで!

 

おすすめ記事はこちら
>>栗の味を生かしたマロングラッセは、グルメの方も大満足の味

>>ロールス・ロイスに乗って、ふたりで5時間のスパトリートメントへ…

>>シャンパンと音楽に酔いしれる、パークハイアット東京流「大人の年越し」イベント

商品詳細

マロングラッセ 6粒入り¥3,240・10粒入り¥5,184(ともに税込・2017年1月3日限定発売)ほか

お問い合わせ先

フレデリック・カッセル三越銀座店
TEL:03-3562-1111

Presenter

LIVErary.tokyo
編集部

Profile

ものも情報もあふれている今、本当にいいもの、信頼できる情報と出合いたい── そう願う人のためのデジタルメディア「LIVErary.tokyo(ライブラリートーキョー)」。 毎日の暮らしに少しのラグジュアリーをプラスできる情報、心豊かな暮らしに欠かせない上質な情報を発信しています。小学館の雑誌『Domani』『Precious』『MEN’S Precious』とも連動、色あせない名品情報もアーカイブして掲載しています。

LIVErary.tokyo
http://liverary.tokyo

Archives

自分を引き立てる、元気づけてくれる花とジュエリーに出会う

花を飾る、花を身につける
季節を感じる花とジュエリーの魅力

自分を引き立てる、元気づけてくれる花とジュエリーに出会う

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
【福岡グルメ】博多山笠の界隈で美味なるランチ 「石堂橋 白つぐ」

美味しい福岡旅 vol.3

【福岡グルメ】博多山笠の界隈で美味なるランチ 「石堂橋 白つぐ」

鳥越 毅さん
編集家
ライフスタイル
見えないところや裏までも美しさを貫く、クリエーターのこだわり

花を飾る、花を身につける
季節を感じる花とジュエリーの魅力

見えないところや裏までも美しさを貫く、クリエーターのこだわり

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
浴衣でジャズ!小粋な夜を演出するコットンクラブの夏イベント「YUKATA de JAZZ」に注目

コットンクラブ

「YUKATA de JAZZ」

浴衣でジャズ!小粋な夜を演出するコットンクラブの夏イベント「YUKATA de JAZZ」に注目

LIVErary.tokyo
編集部
ニッポン, ライフスタイル, カルチャー
つぼみから始まるストーリー。北欧と和のエッセンスを融合して

花を飾る、花を身につける
季節を感じる花とジュエリーの魅力

つぼみから始まるストーリー。北欧と和のエッセンスを融合して

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
【大阪・兵庫】歴史的建造物でビアガーデン!? 夏の夕暮れをロマンティックに

2017年ビアガーデン情報<歴史歴建造物でビール!>

【大阪・兵庫】歴史的建造物でビアガーデン!? 夏の夕暮れをロマンティックに

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル