21st , Dec. 2016

フレデリック・カッセル
マロングラッセ

2017年は栗に注目!冬の褒められ手土産はマロンのスイーツに決まり

年齢、性別問わずいつでも喜ばれるのは、栗を使ったスイーツ。フレデリック・カッセルから、マロンをテーマにした限定スイーツコレクションが登場します。

maron フォンテーヌブローに本店を構えるスイーツブティック、フレデリック・カッセル マロングラッセ

深い森に囲まれたパリ郊外の古都・フォンテーヌブローに本店を構えるスイーツブティック、フレデリック・カッセル。こだわり抜いた素材と伝統が紡ぎ出す繊細なパティスリーは、世界中で多くの人々を魅了しています。

フレデリック・カッセルが毎月テーマを決めて東京とフォンテーヌブローで共有する“Inspiration(インスピレーション)”は、年2回のスペシャルなスイーツコレクション。

素材は産地や品種、作り方によってさまざま。素材そのものの味わいはもちろん、素材同士の味わいをグラデーションにしたりと、伝統的なフランス菓子を踏襲しながらも 自由な感性で生まれるコレクションです。

2017年初となる”インスピレーション”は…マロン

unnamed-10

フレデリック・カッセル好きにはおなじみの「ミルフイユ・フィンガー」 をはじめ、「マカロン」「サントノーレ」 、そしてメレンゲのプティガトー「プティ・メルヴェイユ」など、マロン深い味わいとのマリアージュを楽しめるラインナップ。

なかでもゆっくりと煮つめた大粒のイタリア栗のマロングラッセは、口に入れたとたん、なかから栗の甘みと香りがあふれ出ます!

ホームパーティなどのイベントも多く、手土産に悩む12月、1月。スペシャルなマロンのスイーツは、この冬のお遣い物におすすめの品。限定コレクションなので、見逃さないで!

 

おすすめ記事はこちら
>>栗の味を生かしたマロングラッセは、グルメの方も大満足の味

>>ロールス・ロイスに乗って、ふたりで5時間のスパトリートメントへ…

>>シャンパンと音楽に酔いしれる、パークハイアット東京流「大人の年越し」イベント

商品詳細

マロングラッセ 6粒入り¥3,240・10粒入り¥5,184(ともに税込・2017年1月3日限定発売)ほか

お問い合わせ先

フレデリック・カッセル三越銀座店
TEL:03-3562-1111

Presenter

LIVErary.tokyo
編集部

Profile

ものも情報もあふれている今、本当にいいもの、信頼できる情報と出合いたい── そう願う人のためのデジタルメディア「LIVErary.tokyo(ライブラリートーキョー)」。 毎日の暮らしに少しのラグジュアリーをプラスできる情報、心豊かな暮らしに欠かせない上質な情報を発信しています。小学館の雑誌『Domani』『Precious』『MEN’S Precious』とも連動、色あせない名品情報もアーカイブして掲載しています。

LIVErary.tokyo
http://liverary.tokyo

Archives

京都の花街史上初!英語が話せる舞妓さん

彼女たちの三都物語:富津愈さん

京都の花街史上初!英語が話せる舞妓さん

LIVErary.tokyo
編集部
ニッポン, ライフスタイル
見ているだけで心が洗われる最強のクリスタル!意外と知らないディズニーとスワロフスキーのコラボヒストリー

スワロフスキー

Disney コラボレーション

見ているだけで心が洗われる最強のクリスタル!意外と知らないディズニーとスワロフスキーのコラボヒストリー

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
今治タオルの本店がリニューアルオープン!ここでしか手に入らない限定アイテムも

今治タオル

今治タオル本店

今治タオルの本店がリニューアルオープン!ここでしか手に入らない限定アイテムも

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
イルサンジェーのアイスが日本でも解禁。完全予約制のフランス人間国宝による3種の極上濃厚アイス

イルサンジェー 東京ブティックサロン&ミュージアム

極上濃厚アイス

イルサンジェーのアイスが日本でも解禁。完全予約制のフランス人間国宝による3種の極上濃厚アイス

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
銀座の街全体が「バル」に!?銀座街バル開催中

銀座街バル(4月29日まで)

銀座の街全体が「バル」に!?銀座街バル開催中

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
ワイン通は必見!「日本一のソムリエ」を決める熱き戦いで、最年少出場者が優勝

第8回全日本最優秀ソムリエコンクール

ワイン通は必見!「日本一のソムリエ」を決める熱き戦いで、最年少出場者が優勝

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー