30th , Dec. 2016

2017年、手帳の買い替えの参考に! エディターの愛用手帳を拝見します【第1回】

吉川 純
Precious
ファッション
ディレクター
吉川 純
もうすぐ2017年。新しい年を迎えるには、新しい手帳が必要! 数ある職業のなかでも、スケジュールが複雑で件数も多いエディターは、一体どんな手帳を使っているの? というわけで、ライブラリートーキョーの周囲で働いている小学館の編集者たちに、愛用の手帳について伺ってきました。

初回はラグジュアリー雑誌『Precious』のファッションディレクター、吉川 純の手帳です。

 

Q.お使いの手帳について教えてください。

エルメスのオレンジ色の手帳

使っているのは、エルメスのオレンジ色の手帳です。エルメスの手帳は、諸先輩方も使われていて素敵だなあと感じていたので、自分にとっての節目でもあった2010年に、「これからさらに仕事をがんばっていこう!」と決意して購入しました。替えのリフィルは1万円ほどと高額ですが、「そろそろ、自分にもエルメスが似合う歳になってきたのでは?」と思ったこともきっかけですね。

また、手帳に合わせてノートも購入したいと思っていたので、オレンジの手帳に合うように、グリーンのノートも同時に購入しました。ちなみに、エルメスのシンボルカラーなのでオレンジを選んだわけではなく、単に自分が好きな色だったからなんです(笑)。普段から、ふとしたときになぜかオレンジを選びがちなんです。それは、オレンジが、赤ほど強くなく、ピンクほどかわいすぎない、ちょうどいい色だからなのだと思います。そんなオレンジに合わせた、ノートのグリーンも、フレッシュな感じが絶妙で素敵な色だと思います。

吉川純さんのエルメスのオレンジの手帳と、グリーンのノート

Q.どんなところがお気に入りですか?

サイズ感がしっくりくるところですね。見開きは縦なので一風変わった印象ですが、慣れてみると意外と使いやすい。リフィルには日本語版もあり、日本の祝日などもしっかりと入っているので、とても便利です。メモは方眼紙や罫線が入ったものも選べますが、私は職業柄ラフが書きたかったので、無地のものを選びました。また、リフィル以外にも、シャープペンシルやしおりをつけるなど、自分好みにカスタマイズできるところがお気に入りですね。

エルメスの手帳を開いてリフィルを見せているところ

Q.これだけは譲れない!というポイントは?

ひと月の流れが把握できる「マンスリーカレンダー」と、大きな「土日の欄」は必須。手帳によっては土日の欄が小さいものもありますが、土日に仕事が入る可能性もあるし、何より土日の存在を、ないがしろにしたくはないんです。また、社内、社外、プライベートとの三つを色分けして記入して、仕事とプライベートの予定を使い分けています。

エルメスのオレンジの手帳に書き込む吉川純さん

Q.これまでの手帳遍歴は?

社会人になってからは、システム手帳を長年使っていました。その後、エルメスの直前まで使っていたのはクオバディス。使いやすくて数年使っていましたが、こちらもエルメスと同様に、カスタマイズできるところが魅力でした。ブランドの純正カバー以外にも、さまざまななカラーや柄のものが発売されていたので、その都度、変えながら使っていましたね。

 

Q.今後の手帳のご予定は?

革に味も出てきましたので、しばらくはエルメスの手帳を使い続けると思います。保管している過去のリフィルを見返すこともあるのですが、毎年リフィルごとにカバーの柄が異なるので、それを見比べるのも楽しいんですよ。

THIBIERGE PARIS(ティビエルジュ パリ) の『LE CARNET (ル カルネ) 』は、専用アプリにより、スキャンしてデータ化することが可能。THIBIERGE PARIS(ティビエルジュ パリ) の『LE CARNET (ル カルネ) 』


ちなみにいま気になっているのは、11月から伊勢丹新宿店でも取り扱いが開始された、このTHIBIERGE PARIS(ティビエルジュ パリ) というブランドの手帳、『LE CARNET (ル カルネ) 』です。専用のアプリケーションを使用して、手書きのメモやスケッチをスキャン・保存が可能で、SNSなどでも簡単にシェアすることができるんです。紙から直接デジタル化できるという機能はとても魅力的なので、機会があれば使ってみたいと思っています。

 

おすすめ記事はこちら
>>銀座メゾンエルメスで楽しむアート「曖昧な関係」展

>>ペイズリー柄たっぷり、エトロの2017年春夏展示会レポート

>>エルメスの新フレグランスはローズとレザーが織りなす優雅な香り

取材・構成/難波寛彦(LIVErary.tokyo)

Presenter

吉川 純
Precious
ファッション
ディレクター

Profile

1967年生まれ。出版社から転職し、1996年小学館入社。Domani創刊編集部、CanCam編集部、和樂編集部、Precious創刊編集部を経て、’10年にPrecious編集長に。’13年1月よりDomani編集長、’15年10月よりLIVErary.tokyo編集長。'16年11月より現職。

好きなもの:タートルネック、デヴィッド・ボウイ、くまのぬいぐるみ、シャンパンorカヴァorフランチャコルタ、池波正太郎、大滝詠一、坂田靖子、相撲とテニス観戦、便箋と封筒、時短コスメ、『ディーバ』、シャーロック・ホームズ(グラナダTV版)、磨崖仏、U2、ダイアナ・ヴリーランド、納豆ごはん、ピアノ協奏曲第20番(モーツァルト)、育ちのいい不良

Archives

【秋田編】独自の個性を放つ地方のセレクトショップがおもしろい

FEMME et MODE

 

【秋田編】独自の個性を放つ地方のセレクトショップがおもしろい

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
【速報!】カルティエの伝説的アイコンウォッチ『パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ』が再び登場!

カルティエ

パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ

【速報!】カルティエの伝説的アイコンウォッチ『パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ』が再び登場!

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
シャネルのカール ラガーフェルド写真展は「マリー・アントワネット展」と連動した大プロジェクト!

シャネル

カール ラガーフェルド写真展「太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影」

シャネルのカール ラガーフェルド写真展は「マリー・アントワネット展」と連動した大プロジェクト!

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション, カルチャー
ルイ・ヴィトンでアニマルと動画撮影できる!<br>六本木ヒルズ店で1月31日まで

ルイ・ヴィトン

六本木ヒルズ店

ルイ・ヴィトンでアニマルと動画撮影できる!
六本木ヒルズ店で1月31日まで

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
カール ラガーフェルド写真展、シャネル銀座で開催中。もちろん日本初!

シャネル

カール ラガーフェルド写真展

カール ラガーフェルド写真展、シャネル銀座で開催中。もちろん日本初!

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション, カルチャー
プレゼントに最適な和光のハンカチ、レース刺繍にこっそり香りを忍ばせて

和光

『スイスレース』のリネンハンカチーフ

プレゼントに最適な和光のハンカチ、レース刺繍にこっそり香りを忍ばせて

富岡百合子さん
スタイリスト
ファッション