25th , Jan. 2017

シャンパンごはん

シャンパンに合う簡単レシピ3『焼きグレープフルーツ』

RYO UNOさん
フード
クリエイター
RYO UNOさん
そろそろ街のムードはバレンタイン。連載3回目の今回はシャンパン×スイーツをテーマに、チョコレートが苦手な男性にも楽しんでもらえる簡単レシピを、Instagramで人気のフードクリエイター、RYO UNOさんに教えてもらいました。

シャンパン×スイーツ 焼きグレープフルーツの簡単レシピ

作るのに何かと手間のかかるイメージのスイーツですが、フルーツをただ焼くだけでも簡単におしゃれでおいしいデザートが完成します。

なかでもグレープフルーツは、焼くことによって、酸味や苦味、甘味がバランスよく引き立つのでまだ未体験の方にはぜひ試していただきたい一品。チョコレートが苦手な男性にも、お酒に合わせて楽しめるのでおすすめです。

お酒と一緒に召し上がる際にはお皿に一口大に切り分けて盛り付けると、よりスマートに楽しめます。下記のレシピはほんの1例です。お好みの甘味料やアイスクリームなどでアレンジしてみてはいかがでしょうか。

今回グレープフルーツに添えたのはスーパーフードといわれるカカオニブ。ポリフェノールが豊富に含まれ、抗酸化作用にも優れています。

シャンパン×スイーツ 焼きグレープフルーツの簡単レシピ

【材料】2人分
グレープフルーツ 1玉
グラニュー糖 小さじ2〜大さじ1
ギリシャヨーグルト 1カップ程度
カカオニブ 2つまみ程度
ピスタチオ 2つまみ程度
はちみつ 適宜


 

【作り方】

1)グレープフルーツを半分に切り、あとで食べやすいように薄皮に沿って切り込みを入れる。

2)1にグラニュー糖を振りかける。

3)2を180度に予熱したオーブンで20分ほど焼く。

4)3をオーブンから取り出して、ギリシャヨーグルトを上に乗せ、カカオニブ、砕いたピスタチオをちらして、はちみつを上から垂らす。

シャンパン×スイーツ 焼きグレープフルーツの簡単レシピは朝ごはんにも

デザートにはもちろん、朝ごはんにもおすすめしたい簡単レシピです。

 

>>シャンパンに合う簡単レシピ1『イワシのインボルティーニ』

>>シャンパンに合う簡単レシピ2『キノコ風味のサルティンボッカ』

 

おすすめ記事はこちら
>>栗の味を生かしたマロングラッセは、グルメの方も大満足の味

>>ロールス・ロイスに乗って、ふたりで5時間のスパトリートメントへ…

>>いつも喜ばれる、手土産ナンバー1のヒレカツサンド

構成/渋谷香菜子(LIVErary.tokyo)

Presenter

RYO UNOさん
フード
クリエイター

Profile

名店と言われる都内のピッツエリアでのアルバイトをきっかけに、料理にのめり込む。Instagram(@r.uno)へのレシピ投稿でワールドワイドに支持を集め、2016年より料理家として本格始動。趣味はサーフィン。

Archives

五感で楽しむアートなカフェ「LATTE GRAPHIC」が自由が丘にデビュー!

LATTE GRAPHIC

自由が丘店オープン

五感で楽しむアートなカフェ「LATTE GRAPHIC」が自由が丘にデビュー!

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「伝統を守っていく」意識を高めるためにできること【稲岡亜里子さんインタビュー3】

彼女たちの三都物語

「伝統を守っていく」意識を高めるためにできること【稲岡亜里子さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
家業に入ってより大切に感じた人とのつながり【稲岡亜里子さんインタビュー2】

彼女たちの三都物語

家業に入ってより大切に感じた人とのつながり【稲岡亜里子さんインタビュー2】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

インタビュー

「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

彼女たちの三都物語

N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

インタビュー

「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー