24th , Feb. 2017

旅のプロおすすめ! 親子3世代、家族で楽しむラグジュアリーな温泉旅館3選

折笠 槙さん
旅サイトRelux
コンシェルジュ
折笠 槙さん
客室露天風呂や、絶景温泉、地元の食材を使った豪華なお食事etc...ファミリー向けの宿泊施設もいいけれど、贅沢な旅館で、家族で、大人の温泉旅行を満喫したい。そんなLIVErary.tokyo読者からの要望にお応えするべく、子どもと、母と、孫と…親子3世代でゆったりとした滞在を愉しめる温泉旅館をご紹介します。

一流の旅館やホテルだけを厳選している会員制宿泊予約サイト「Relux(リラックス)」のチーフコンシェルジュ 折笠 槙さんに、3世代で愉しめるラグジュアリーな温泉旅館を3つ、教えていただきました。




客室露天風呂からオーシャンビューの絶景を眺める非日常の世界


LUXURY和HOTEL 風の薫テラス

悠々たる広い大海原を眺めながら、波音をBGMに何もしない贅沢を愉しむ…そんな非日常の世界へと誘うのが静岡県伊東市の「LUXURY和HOTEL 風の薫」。全室オーシャンビューの露天風呂付客室で、部屋の露天風呂からの景観はため息もの。子ども連れでもほかのゲストを気にすることなく、家族団らんの時を過ごすことができます。

LUXURY和HOTEL 風の薫の客室露天風呂

夕食では、伊豆の旬鮮食材と季節の素材の出合いから生まれる会席料理を堪能できます。お食事前に五種の食前酒が振る舞われるおもてなしもうれしい。朝の海の光に包まれていただく朝食も、自分で焼く魚やご飯が食欲をそそります。

LUXURY和HOTEL 風の薫の料理

「お客様の細やかな希望にも丁寧に対応してくれる"おもてなし"も魅力のひとつ。アクセスしやすい立地なので、異なる方面から家族全員が集まる場合でも気軽にお出かけできます」(折笠さん)

■LUXURY和HOTEL 風の薫
住所/静岡県伊東市新井2-7-1
TEL:0120-759-337
https://rlx.jp/23498




森を見下ろす源泉かけ流しの露天風呂で、プライベート感あふれる旅を


強羅花扇 円かの杜の温泉

定番人気を誇る温泉地・箱根で、温泉はもちろんお食事処まで個室、人目を気にせず家族でのお食事が可能な、プライベート感満載の宿。全20室の客室は、森を見下ろす源泉かけ流しの露天風呂付き。広々としたその湯船が湛えるのは、贅沢なほどの開放感です。穏やかな自然との対話を、心ゆくまで堪能できます。

強羅花扇 円かの杜の部屋

お料理は現地直送の飛騨牛が主役の豪華京会席。相模湾などから上がる新鮮な魚介や、箱根周辺の山に息づく野菜などが見事に相まった料理に、お酒も進みます。ひとりひとりの好みにあったメニューをその場で提供する「立場割烹」では、一期一会の妙味に出合うことができます。

強羅花扇 円かの杜の料理

「館内のロビーからエレベーターに至るまで畳張りであったり、段差が少ないといった設計の気配りなど、さまざまな世代に対する細やかなおもてなしが館内の細部に見受けられます」(折笠さん)

■強羅花扇 円かの杜
住所/神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-862
TEL:0460-82-4100
https://rlx.jp/27500




淡路島のゆるやかに流れる島時間を家族で堪能する、至福の温泉旅館


夢泉景別荘 天原からの景色

瀬戸内海に悠然と浮かび、万葉の昔から朝廷の御食国として栄えた淡路島。「夢泉景別荘 天原」は、そんな淡路島の恵まれた環境と、ゆるやかな時の流れの中で、家族水入らずの充実した時間を過ごすことができます。ゆとりのある客室は、海を臨む専有露天風呂付き。「大きな窓いっぱいに広がる海と空を眺め、淡路島の自然を身近に感じられます。最大6名まで宿泊可能なヴィラタイプの客室もおすすめです」(折笠さん)

夢泉景別荘 天原の部屋

メインダイニング「旬房 淡悦(たんえつ)」では、四方を海に囲まれ豊穣なる大地にも恵まれた淡路ならではの食材を提供。島の四季折々の食材を丁寧に選び、奇をてらわず素材の持つ力をつとめて引き出したお料理の数々を堪能できます。

夢泉景別荘 天原の温泉

お風呂は、淡路島の東海岸、三熊山の麓に位置し、紀淡海峡に向かって開けた『洲本温泉』を引いています。なめらかな肌ざわりの泉質は、療養泉としても知られる単純弱ラドン泉。湯に浸かった瞬間に、身体にしっとりとなじむような感覚が特徴です。

「釣り堀や家族風呂があり、お子様から大人まで楽しめるポイントも多くあります」(折笠さん)

■夢泉景別荘 天原
住所/兵庫県洲本市小路谷1052-2
TEL:0799-23-0335
https://rlx.jp/22325

 

以上、パートナーだけでなく、お子さんやお孫さんとも記憶に残る、素晴らしい数日を過ごせる宿をご紹介しました。家族の記念日に、春先の旅行に、ゴールデンウィークに、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

おすすめ記事はこちら
>>贅沢なゴルフ旅を堪能! 旅のプロが教える、至高のゴルフリゾート3選

>>沖縄のリゾートで気楽に過ごす、リラックスした旅スタイル

>>伊勢志摩「アマネム」が世界のアマンの中で五指に入る理由

構成/渋谷香菜子(LIVErary.tokyo)

Presenter

折笠 槙さん
旅サイトRelux
コンシェルジュ

Profile

1984年生まれ。日本体育大学を卒業後、リクルートに新卒にて入社。旅行カンパニー(現 リクルートライフスタイル)にて、新規営業チーム、長野チーム、首都圏チームに所属。その後、イベント会社にてイベントプランナーと新規事業の立ち上げを行い、2013年1月にLoco Partnersに参画。Travel satisfactionチームのチーフコンシェルジュとして、顧客満足度の向上や事業推進に努めている。

好きなもの:旅行、ゴルフ、スノーボード

Relux(リラックス)
http://rlx.jp

Archives

「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

インタビュー

「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

彼女たちの三都物語

N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

インタビュー

「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
ミスをしたときこそ、部下を守れるか【岸見一郎さんインタビュー2】

インタビュー

ミスをしたときこそ、部下を守れるか【岸見一郎さんインタビュー2】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
女性リーダーがもつべき『勇気』とは?【岸見一郎さんインタビュー1】

インタビュー

女性リーダーがもつべき『勇気』とは?【岸見一郎さんインタビュー1】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
桜とヴェルモット。大人気分でジャンカルロ マンチーノ氏の感性を飲み比べ

マンダリンオリエンタル東京

ヴェルモット ポップアップバー by マンダリン オリエンタル 東京

桜とヴェルモット。大人気分でジャンカルロ マンチーノ氏の感性を飲み比べ

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル