23rd , Feb. 2017

デルヴォー
ブリヨン

デルヴォーのアイコンバッグは、王室御用達の品格と温もりを併せもつ逸品

石毛のりえさん
スタイリスト
石毛のりえさん
上質な素材と、タイムレスなデザインを兼ね備えた、長く愛用できるバッグを見つけたい。

スタイリストの石毛のりえさんのオススメは、そんな願いをかなえてくれるデルヴォーのバッグ、『ブリヨン』。

デルヴォーのアイコンバッグ、『ブリヨン』


ベルギー王室御用達。確かな品格と温もりを感じられる逸品


「はやりすたりなく、ずっと使えるものに投資をしたいという気持ちが年々増している今日このごろ。

10年くらい前にデルヴォーのバッグを初めて見たとき、佇まいに風格があるなと感じたのですが、ベルギー王室御用達と聞いて納得しました。

職人がひとつひとつ手作業でつくっているからか、端正でありながらどこか温もりが感じられるところも、心惹かれる理由。

白、というのもポイントで、冬の白もリッチだし、夏の白はさわやかだし、季節を問わず使えるのもいい。

取引先との食事会などきちんとした席やオフの日、どんなシーンにもしっくりきて、持っているだけで少し背筋が伸びて自分を格上げしてくれる、そんな存在です。

小さい子供がいるので、肩掛けできるバッグは両手が空くし…なんて実用的なところも考えつつ(笑)、これから愛用していって、いつか娘ができたとき、引き継いでもらえたら素敵だな、なんて想像も膨らんで楽しいです」

 

■デルヴォーは、1829年にベルギーで誕生した、老舗ラグジュアリーレザーブランド。アイコンバッグである『ブリヨン』は、約60年の歴史を経た今も、色あせない洗練された佇まい。

 

商品詳細
『ブリヨン』[縦16×横20×マチ11cm]¥455,000(税抜)

お問い合わせ先
デルヴォー・ジャパン
TEL:03-6418-0983
https://www.delvaux.com/ja/

 

おすすめ記事はこちら
>>ゼニスの迫力ウォッチで着こなしに洗練を、日常を上品に。

>>大人のキャリア女性が「優しく見える服」とは? 犬走比佐乃さんが4つのコツを伝授

>>出産祝いに悩んだら、和光の上質なベビーギフトはいかが?

撮影/佐藤 彩 文/石毛のりえ

Presenter

石毛のりえさん
スタイリスト

Profile

1976年、千葉県生まれ。スタイリスト・菊池京子氏に師事後、2005年に独立。 好きなもの:海、旅、買い物、田舎町、産地直売所、お笑い番組、コーヒー、純喫茶、麺類すべて、陽当たりのいい部屋、エスニック料理、イタリア料理、南イタリアの街(ポジターノ、 アマルフィ)、スリランカ、ジェフリー・バワの建築物、ショートケーキ、シュノーケリング

Archives

16代目当主として、写真家として、老舗を守り革新する【稲岡亜里子さんインタビュー4】

彼女たちの三都物語

16代目当主として、写真家として、老舗を守り革新する【稲岡亜里子さんインタビュー4】

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
【速報】シャネルのカメリアの花がスケルトンに!? バーゼルワールド2017現地レポート

シャネル

バーゼルワールド2017レポート

【速報】シャネルのカメリアの花がスケルトンに!? バーゼルワールド2017現地レポート

岡村佳代さん
時計&ジュエリー
ジャーナリスト
ファッション
小粒のイヤリングは、頼もしいビジネスパートナー【ビジネスルールvol.3】

Business Rule Book

小粒のイヤリングは、頼もしいビジネスパートナー【ビジネスルールvol.3】

日野江都子さん
コンサルタント
ファッション
出世した女性が、男性のように振る舞う必要はない【岸見一郎さんインタビュー4】

インタビュー

出世した女性が、男性のように振る舞う必要はない【岸見一郎さんインタビュー4】

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
フルラが切り絵作家とコラボ! 90周年という歴史が生み出した最高峰のバッグが登場

フルラ

90周年記念アイテム

フルラが切り絵作家とコラボ! 90周年という歴史が生み出した最高峰のバッグが登場

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
【速報】バーゼルワールド2017会場よりレポート、ブルガリの●●が話題をさらった!

ブルガリ

バーゼルワールド2017レポート

【速報】バーゼルワールド2017会場よりレポート、ブルガリの●●が話題をさらった!

岡村佳代さん
時計&ジュエリー
ジャーナリスト
ファッション