1st , Mar. 2017

HIGASHIYA
桜の道明寺羹

春の手土産におすすめ「桜の透明ようかん」、和菓子のHIGASHIYAから限定発売

まだまだ寒い日が続くけれど、そろそろ手土産は春らしいものを選びたいこの季節。

手土産でも四季の変化を愉しもうとする心の豊かさは、大人のたしなみ。春の訪れを感じる、見た目も美しい和菓子なら、ビジネスシーンで、週末のパーティーで喜ばれること間違いなしです。

HIGASHIYA「桜の道明寺羹」

日本の伝統文化を現代に合わせて提案する和菓子店・HIGASHIYAから、桜の葉を使った道明寺羹が、2017年3月3日(金)から限定発売されます。

静岡県の大島桜の青々とした葉を使用した道明寺羹をひとくちいただくと、もっちりとした食感とともに、塩漬けにした桜葉のほどよい塩気と香りがふわっと口の中で広がります。この時季ならではの、うれしい風味です。

桜の花びらによる美しい色味と透明感が上品なこちらを、春の手土産にどうぞ。

HIGASHIYA GINZAの店内

■桜の道明寺羹(さくらのどうみょうじかん)
1棹 ¥1,944(税込)
日保ち/製造日より60日
販売期間/2017年3月3日〜4月下旬予定

■ 販売店舗情報
HIGASHIYA GINZA
Tel:03-3538-3230
住所/東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル2F



HIGASHIYA man
Tel:03-5414-3881
住所/東京都港区南青山3-17-14



HIGASHIYA オンラインショップ
http://higashiya-shop.com

 

おすすめ記事はこちら
>>「ことば」が豊かな大人の女性になるための3ステップ~作家・青木奈緖さんに学ぶ

>>頼れるポットと丁寧に淹れたお茶で、もてなしのひととき

>>【クルマ好きの彼と】バレンタインデートはインターセクト バイ レクサス トーキョーで満喫!

Presenter

LIVErary.tokyo
編集部

Profile

ものも情報もあふれている今、本当にいいもの、信頼できる情報と出合いたい── そう願う人のためのデジタルメディア「LIVErary.tokyo(ライブラリートーキョー)」。 毎日の暮らしに少しのラグジュアリーをプラスできる情報、心豊かな暮らしに欠かせない上質な情報を発信しています。小学館の雑誌『Domani』『Precious』『MEN’S Precious』とも連動、色あせない名品情報もアーカイブして掲載しています。

LIVErary.tokyo
http://liverary.tokyo

Archives

「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

インタビュー

「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

彼女たちの三都物語

N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

インタビュー

「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
ミスをしたときこそ、部下を守れるか【岸見一郎さんインタビュー2】

インタビュー

ミスをしたときこそ、部下を守れるか【岸見一郎さんインタビュー2】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
女性リーダーがもつべき『勇気』とは?【岸見一郎さんインタビュー1】

インタビュー

女性リーダーがもつべき『勇気』とは?【岸見一郎さんインタビュー1】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
桜とヴェルモット。大人気分でジャンカルロ マンチーノ氏の感性を飲み比べ

マンダリンオリエンタル東京

ヴェルモット ポップアップバー by マンダリン オリエンタル 東京

桜とヴェルモット。大人気分でジャンカルロ マンチーノ氏の感性を飲み比べ

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル