3rd , Mar. 2017

シャンパンごはん

シャンパンに合う簡単レシピ5『牡蠣のソテー 春菊とすだちのソース』

RYO UNOさん
フード
クリエイター
RYO UNOさん
自宅でもさっとつくれておしゃれに見えるレシピが大好評の連載『シャンパンごはん』。今回、Instagramで人気のフードクリエイター、RYO UNOさんが教えてくれたのは、王道中の王道、シャンパンに合う牡蠣のレシピです。といっても王道の「生牡蠣とシャンパン」ではなく…

 

こだわりのソースがポイント! ホームパーティでも喜ばれる牡蠣を使った簡単レシピ


牡蠣のソテー 春菊とすだちのソース

ホームパーティーでも牡蠣を食べたいけれど、生牡蠣は少し不安…という方も多いですよね。そんな方に、牡蠣をソテーするだけの簡単レシピを紹介します。

牡蠣をバターでソテーし、ソースには春菊とすだちを使うことで、独特の苦味と爽やかさが口のなかにじんわり広がります。春菊の香りとすだちの酸味が、牡蠣の風味を引き出してくれるんです。最後に塩気のあるペコリーノ・ロマーノを加えると、シャンパンとの相性も抜群です。牡蠣と春菊が旬の3月に、是非ともお試しください。

 

【材料】

①春菊ソース
春菊 60g
バター 40g
ニンニク 2かけ
塩 適宜
オリーブオイル 大さじ1.5

②すだちソース
すだち 1個
マスタード 1g
オリーブオイル 小さじ1

③牡蠣のソテー
牡蠣 200g
塩 適宜
胡椒 適宜
小麦粉 適宜
バター 適宜
ペコリーノ・ロマーノ 適宜

牡蠣のソテー 春菊とすだちのソースレシピ

【つくり方】
(1)〔春菊ソース〕春菊をよく洗い、塩水で下茹でしたあと、水気をよく切り、フライパンでバターと刻んだニンニクを熱して一緒に炒める。

(2)1とオリーブオイルをフードプロセッサーに入れてソース状にして、塩で味を調節する。さらにオリーブオイルで水分を調整する。

(3)〔すだちソース〕すだちを搾って濾して、マスタードとオリーブオイルを混ぜ合わせる。

(4)〔牡蠣のソテー〕しっかり下処理したあと、水気を切り、塩胡椒をして小麦粉をまぶす。フライパンでバターを熱して、牡蠣をソテーする。

(5)〔盛り付け〕春菊ソース、牡蠣のソテーを盛り付けたあと、すだちソースをよくかけ、ペコリーノ・ロマーノを薄く削りかける。

 

連載「シャンパンごはん」
>>シャンパンに合う簡単レシピ1『イワシのインボルティーニ』

>>シャンパンに合う簡単レシピ2『キノコ風味のサルティンボッカ』

>>シャンパンに合う簡単レシピ3『焼きグレープフルーツ』

>>シャンパンに合う簡単レシピ4『いちごとカスタードのカンノーロ』

構成/渋谷香菜子(LIVErary.tokyo)

Presenter

RYO UNOさん
フード
クリエイター

Profile

名店と言われる都内のピッツエリアでのアルバイトをきっかけに、料理にのめり込む。Instagram(@r.uno)へのレシピ投稿でワールドワイドに支持を集め、2016年より料理家として本格始動。趣味はサーフィン。

Archives

五感で楽しむアートなカフェ「LATTE GRAPHIC」が自由が丘にデビュー!

LATTE GRAPHIC

自由が丘店オープン

五感で楽しむアートなカフェ「LATTE GRAPHIC」が自由が丘にデビュー!

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「伝統を守っていく」意識を高めるためにできること【稲岡亜里子さんインタビュー3】

彼女たちの三都物語

「伝統を守っていく」意識を高めるためにできること【稲岡亜里子さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
家業に入ってより大切に感じた人とのつながり【稲岡亜里子さんインタビュー2】

彼女たちの三都物語

家業に入ってより大切に感じた人とのつながり【稲岡亜里子さんインタビュー2】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

インタビュー

「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

彼女たちの三都物語

N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

インタビュー

「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー