14th , Mar. 2017

日本橋 桜フェスティバル

街ごと桜づくし!「日本橋 桜フェスティバル」が間もなく始まります

桜の時期が近づくと、無条件に気分が浮足だってしまうのは、日本人の性でしょうか。古くからの桜の名所が点在する日本橋地区では、2017年3月16日(木)~4月9日(日)の期間、街全体をあげて「日本橋 桜フェスティバル」を開催!

昔ながらの桜を愛でるスポットから、デジタルの最新技術を使ったアートなインスタレーション、美食イベントや宝探しなど、街中でいろいろな角度から桜を楽しめるこのイベントをご紹介します。

日本橋 桜フェスティバルにてライトアップされるイベントスペース「福徳の森」


街全体を見て、歩いて、食べて周遊!


街のあちこちに散りばめれたヒントを元に、桜の名所をめぐりながら幻の桜を探し出す宝探しイベントや、日本橋の飲食店をお得に食べ歩ける「日本橋桜メニューウォーク」を展開。こちらは桜を使用したフードやスイーツ、ドリンクのほか、ピンク色をあしらったメニューなど、109の店舗が参加。桜メニューを購入した方先着1000名に、エリアごとにピンク色のニュアンスが異なる桜ピンバッジのプレゼントも。

日本橋 桜フェスティバル初登場の福徳神社「NIHONBASHI SAKURA GATE」


今年の新名所!「NIHONBASHI SAKURA GATE」登場


今年初めての試みとして、福徳神社の参道仲通りに「NIHONBASHI SAKURA GATE」がお目見え。映像や光、音の演出で通り一体を川に見立て、桜の花びらが優雅に散りゆくさまを表現。これはフォトジェニック!

重要文化財 三井本館などの中央通り沿いの施設の「桜ライトアップ」

また、重要文化財 三井本館などの中央通り沿いの施設などを桜色に染め上げる「桜ライトアップ」も同時展開。2016年9月に新設されたイベントスペース「福徳の森」(この記事最初の写真)も、桜の花びらをイメージしたライティングが施され、手幻想的な空間に様変わりします。

 

屋台で楽しむ老舗店舗の桜グルメ


福徳神社周辺には、3月25日(土)と26日(日)の2日間限定で「ニホンバシ桜屋台」が出現。日本橋エリアの電灯ある老舗の店舗などが出店し、この場限りのオリジナルメニューを気軽に楽しむことができます。

福徳神社周辺には、3月25日(土)と26日(日)の2日間限定で「ニホンバシ桜屋台」が出現。

短い桜の季節を、街全体をあげて楽しんじゃおう!という、気合いの入ったこのイベント。会社帰りに同僚との懇親会で、恋人とデートで、いろいろなシーンで桜を堪能できそうです。

■日本橋 桜フェスティバル
期間/2017年3月16日(木)~4月9日(日)
イベント内容/
①NIHONBASHI SAKURA GATE…2017年3月16日(木)~4月9日(日)
②ニホンバシ宝探し 幻の桜 ~人をつなぐ懸守り~…2017年3月16日(木)~4月9日(日)
③桜ライトアップ…2017年3月18日(土)~4月9日(日)
④ニホンバシ桜屋台…2017年3月25日(土)、26日(日)
⑤日本橋桜メニューウォーク…2017年3月16日(木)~4月9日(日)
お問い合わせ先/日本橋案内所(10:00~21:00 開催期間中のみ)
TEL:03-3242-0010

 

おすすめ記事はこちら

>>桐島かれんさんのハウス オブ ロータス、二子玉川店オープンでさらにパワーアップ

>>500人の読者&美容賢者が選んだ「若返りコスメ」グランプリを発表!

>>エルメス祇園店がスケートパークに変身! 先行発売のマキシ・ツイリー・カットも登場

Presenter

LIVErary.tokyo
編集部

Profile

ものも情報もあふれている今、本当にいいもの、信頼できる情報と出合いたい── そう願う人のためのデジタルメディア「LIVErary.tokyo(ライブラリートーキョー)」。 毎日の暮らしに少しのラグジュアリーをプラスできる情報、心豊かな暮らしに欠かせない上質な情報を発信しています。小学館の雑誌『Domani』『Precious』『MEN’S Precious』とも連動、色あせない名品情報もアーカイブして掲載しています。

LIVErary.tokyo
http://liverary.tokyo

Archives

五感で楽しむアートなカフェ「LATTE GRAPHIC」が自由が丘にデビュー!

LATTE GRAPHIC

自由が丘店オープン

五感で楽しむアートなカフェ「LATTE GRAPHIC」が自由が丘にデビュー!

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「伝統を守っていく」意識を高めるためにできること【稲岡亜里子さんインタビュー3】

彼女たちの三都物語

「伝統を守っていく」意識を高めるためにできること【稲岡亜里子さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
家業に入ってより大切に感じた人とのつながり【稲岡亜里子さんインタビュー2】

彼女たちの三都物語

家業に入ってより大切に感じた人とのつながり【稲岡亜里子さんインタビュー2】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

インタビュー

「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

彼女たちの三都物語

N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

インタビュー

「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー