12th , Mar. 2017

フェンディ
FENDI Fruits(フェンディ フルーツ)

南国ムード炸裂! フルーツに進化したフェンディのファーチャームが話題

春の気配を感じはじめた今日このごろ、リアルに春ファッションを始めたくなるシーズンが到来しました。まずは小物から、今季の1大トレンドでもある「南国ムード」を携えたアイテムを取り入れていきましょう!
FENDI Fruits(フェンディ フルーツ), FENDI 2017春夏コレクション

今や定番のアイテムとして圧倒的な人気を誇るフェンディのファーチャーム。2017年春夏コレクションで発表された新作は、フレッシュフルーツを象った「FENDI Fruits(フェンディ フルーツ)」です。あまりのかわいらしさに発売を心待ちにしていた人も多いはず!

果肉の部分は貴重なフォックスとラパンの陰影あるファーを大胆に用い、ヘタ部分には2色のナチュラルカラーのレザーグラデーションで立体的に仕上げられています。象眼細工のようにはめ込まれたふわふわのファーの存在感とアイシーカラーの6色のカラーバリエーションが乙女心を掴みます。

 

6色の中からお気に入りを見つけて!


FENDI Fruits(フェンディ フルーツ), FENDI 2017春夏コレクション
南国ムード満載のオレンジ×アクアマリンの葉

FENDI Fruits(フェンディ フルーツ), FENDI 2017春夏コレクション

パインナップルのようなイエロー×ミントカラーの葉

FENDI Fruits(フェンディ フルーツ), FENDI 2017春夏コレクション

ラズベリーのようなピンク×グリーンの葉


FENDI Fruits(フェンディ フルーツ), FENDI 2017春夏コレクション

毒っ気をまとったブリエッタ×ペールピンクの葉

FENDI Fruits(フェンディ フルーツ), FENDI 2017春夏コレクション

モードな印象のグリーン×ライラックの葉

FENDI Fruits(フェンディ フルーツ), FENDI 2017春夏コレクション

エレガントでロマンティックな真っ白バージョン

フルーツの定義は特になく、パイナップルやラズベリー、南国フルーツなど見る人に想像させるというコンセプトも面白いですよね。フェンディのクラフツマンシップが生み出したもぎたてフルーツの中からお気に入りの1色を見つけて、デイリーに陽気な春風を運びましょう♪

商品詳細
各ファーチャーム「FENDI Fruits(フェンディ フルーツ)」¥77,000(税抜)

お問い合わせ先
フェンディ ジャパン
TEL:03-3514-6187
www.fendi.com

 

おすすめ記事はこちら

>>フェンディ『レインボー スタッズ』に、クラッチバッグ&財布がお目見え!

>>【Precious4月号】春は「大人かわいい」ラグジュアリー・ファッションを極めよう!

>>エトロの新作バッグ『ヌーボラ』で気品ある大人のコーディネートが実現

構成/石原あや乃

Presenter

LIVErary.tokyo
編集部

Profile

ものも情報もあふれている今、本当にいいもの、信頼できる情報と出合いたい── そう願う人のためのデジタルメディア「LIVErary.tokyo(ライブラリートーキョー)」。 毎日の暮らしに少しのラグジュアリーをプラスできる情報、心豊かな暮らしに欠かせない上質な情報を発信しています。小学館の雑誌『Domani』『Precious』『MEN’S Precious』とも連動、色あせない名品情報もアーカイブして掲載しています。

LIVErary.tokyo
http://liverary.tokyo

Archives

大人のモノトーンコーデは、ひとひねりで豹変!ミラノマダムをお手本にモダンに垢抜けて

オシャレマダムの着こなし研究 vol.2

大人のモノトーンコーデは、ひとひねりで豹変!ミラノマダムをお手本にモダンに垢抜けて

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
ハリー・ウィンストンの極上ティアラで、一生に一度の「プリンセス体験」を!

ハリー・ウィンストン

プリンセス・ティアラ・キャンペーン

ハリー・ウィンストンの極上ティアラで、一生に一度の「プリンセス体験」を!

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
アジア初!「ボンポワン」コンセプトショップがいよいよOPEN、限定&先行販売も

ボンポワン

 

アジア初!「ボンポワン」コンセプトショップがいよいよOPEN、限定&先行販売も

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
オリビア・パレルモの勝負服は鮮烈の「赤」だった。その理由を解明します!

オリビア・パレルモ研究vol.12

オリビア・パレルモの勝負服は鮮烈の「赤」だった。その理由を解明します!

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
VALENTINO(ヴァレンティノ)|歴史あるイタリアブランドが提案する、究極のエレガンスと洗練された女性像とは

ヴァレンティノ

ブランドヒストリーVol.4

VALENTINO(ヴァレンティノ)|歴史あるイタリアブランドが提案する、究極のエレガンスと洗練された女性像とは

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
1本の万年筆が世代を超える!人々に「モンブラン」がずっと愛され続ける秘密が明らかに

モンブラン

 

1本の万年筆が世代を超える!人々に「モンブラン」がずっと愛され続ける秘密が明らかに

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション