16th , Mar. 2017

エルメス
「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”

エルメスの手しごと展、注目を集めたポイントまとめ【後編】

表参道ヒルズ スペース オーにて2017年3月に開催された「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”。多くの観客の注目を集めていたポイントを改めてご紹介します。「見逃した!」という方は、フォトギャラリーにも写真を充実させたので、じっくりご覧ください。

前の記事→エルメスの手しごと展、注目を集めたポイントまとめ【前編】

 

ひとつずつ色をのせる“リヨン式プリント”、「シルクスクリーンプリント職人」


「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”シルクスクリーン職人

前編でご紹介した、シルクスクリーン製版職人が色ごとに分けた版にしたがって、シルクスクリーンプリントを施してゆくプリント職人。エルメスはカレ(スカーフ)をシルク生地そのものから制作しており、90cm四方のカレ1枚分のシルク生地をつくるのに、約300個の繭が使われるそうです。

動画はこちら。



「時計職人」はスイスのアトリエから来日


「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”時計職人

緻密な部品を組み立て、エルメスの美しい時計をつくる「時計職人」。彼らはフランスではなく、スイスにアトリエがあるそう。ひとつの腕時計の組み立てはシンプルなもので2、3時間かかるとか。エルメスの時計の魅力は?と聞くと「時を刻むだけではなく、独創的でエレガントなアイデアが盛り込まれている」と教えてくれました。

「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”時計展示

たとえば、この真ん中の時計、アルソー タンシュスポンデュ。フェイスの右上のボタンを押すと、時計の針が止まります。

「楽しい時間が過ぎるのは早いもの。時間が止まればいいのに…」

実際には時計は裏側できちんと動いていて、もう一度ボタンを押すと針が正しい時刻に動くのですが、そんな切ない願いを機能として盛り込んだのでしょうか。遊び心があり、かつロマンチックです。

 

1本の糸で縫い上げる「ネクタイ職人」


「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”ネクタイ職人

エルメスのネクタイは、表地と裏地のほかに、内側にウールと綿の芯地が張られています。職人は、ふんわりとボリュームが出るように布地を折りたたみ、さらにしなやかさを保つため、1本の糸で縫い上げます。これらはすべて、手しごとで行われているのです。

 

革づくりから始まる、肌に吸いつくような手袋


「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”手袋職人

エルメスのグローブは薄くやわらかで、まるで手と同一化しているかのようなフィット感があります。その秘密は、手袋職人による革の下ごしらえともいえる工程にありました。

適当な大きさにカットされた革を、手でじっくりと引き伸ばしていきます。厚さにムラがないよう、何度も繰り返し、一番いい状態の場所を手袋にすべくカット。

「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”手袋職人

そして縫製担当の職人からあがってきた手袋を、手の形をした高温の金属にかぶせ、はめたときにきつい部分がないように充分にストレッチ。最後の仕上げまでしっかり確認されています。

 

カレの美しさを守る「縁かがり職人」


「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”縁かがり職人

エルメスのアイコンアイテム、カレ(スカーフ)を手に取ると、縁が折り畳みではなく、丸まっていることに気づきます。このフランス特有の巻き縫い「ルロタージュ」を施しているのが、縁かがり職人。そろった縫い目はもちろんのこと、指先の力を一定にしてまったく同じ幅で縁を巻き上げるのは、とても難しい工程。習ってから、できるようになるまで1年はかかるそうです。そこから、研鑽を重ね、熟練した職人が90cm四方のカレ1枚を仕上げるのにかかる時間が45~50分ほど。厚みを出さず、ピシッと角をつけるのがいちばん難しいんだとか。

 

何度もテストを重ねて理想の色を出す「磁器絵付け職人」


「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”磁器絵付け職人

手描きされたデザインを、磁器に落とし込む役割を担う、磁器絵付け職人。繊細なデザインを見て、どういう順番で焼くか考えるところから始まります。色をつけて焼いてはまた色をつけ…を繰り返し、右奥の花瓶のような大きなものだと、制作期間は2か月ほど。

「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”磁器絵付け職人

焼き物は温度や釉によって、色の出方がまったく違うもの。エルメスの磁器では、釉の色をそのまま単色で使用することはほとんどなく、混ぜ合わせては焼いてテストを繰り返し、ようやく配分が決まるんだとか。細かな絵付け作業だけでなく、その前段階でも大変な手間がかかっているのです。

これらのほか、会場ではVRを利用し、実際にサンルイ・クリスタル工房見学をしているかのような体験も可能に。クリスタル職人たちがどんなところで、どのように働いているのかがわかる、臨場感あふれる展示となっていました。

こんな稀有で見ごたえのある催しが、今回なぜ日本で開催されたのでしょうか?

その疑問は、エルメスジャポン社長・有賀昌男氏とともに登壇したエルメス本国のエグゼクティブ・バイスプレジデント、ギョーム・ドゥ・セーヌ氏の言葉で腑に落ちました。

エルメスジャポン社長・有賀昌男氏とエルメス本国のエグゼクティブバイス・バイスプレジデント、ギョーム・ドゥ・セーヌ氏

「日本は、職人というものに対し、理解と尊敬がある国だから」

ある程度の規模のマーケットが存在する国を、ただ順番に巡るのではなく、日本は職人技を見せる価値のある国として捉えられていたのです。

近年、特に職人やものづくりへのリスペクトが高まる風潮のなか、ベストなタイミングで行われたこのイベント。2017年10月には名古屋、博多での開催が予定されています。

 

■エルメスの手しごと展“アトリエがやってきた”
表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー
期間/2017年3月9日(木)~19日(日) ※終了
入場/無料
www.maisonhermes.jp
住所/東京都渋谷区神宮前4-12-10


 

おすすめ記事はこちら
>>大人のキャリア女性のための通勤スタイル3選【2017年春編】

>>【Precious4月号】春は「大人かわいい」ラグジュアリー・ファッションを極めよう!

>>エルメス祇園店がスケートパークに変身! 先行発売のマキシ・ツイリー・カットも登場

PhotoGallery

構成/安念美和子(LIVErary.tokyo)

Presenter

LIVErary.tokyo
編集部

Profile

ものも情報もあふれている今、本当にいいもの、信頼できる情報と出合いたい── そう願う人のためのデジタルメディア「LIVErary.tokyo(ライブラリートーキョー)」。 毎日の暮らしに少しのラグジュアリーをプラスできる情報、心豊かな暮らしに欠かせない上質な情報を発信しています。小学館の雑誌『Domani』『Precious』『MEN’S Precious』とも連動、色あせない名品情報もアーカイブして掲載しています。

LIVErary.tokyo
http://liverary.tokyo

Archives

「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

インタビュー

「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

彼女たちの三都物語

N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
出世した女性が、男性のように振る舞う必要はない【岸見一郎さんインタビュー4】

インタビュー

出世した女性が、男性のように振る舞う必要はない【岸見一郎さんインタビュー4】

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

インタビュー

「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
フルラが切り絵作家とコラボ! 90周年という歴史が生み出した最高峰のバッグが登場

フルラ

90周年記念アイテム

フルラが切り絵作家とコラボ! 90周年という歴史が生み出した最高峰のバッグが登場

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
【速報】バーゼルワールド2017会場よりレポート、ブルガリの●●が話題をさらった!

ブルガリ

バーゼルワールド2017レポート

【速報】バーゼルワールド2017会場よりレポート、ブルガリの●●が話題をさらった!

岡村佳代さん
時計&ジュエリー
ジャーナリスト
ファッション