20th , Mar. 2017

マンダリンオリエンタル東京
ヴェルモット ポップアップバー by マンダリン オリエンタル 東京

桜とヴェルモット。大人気分でジャンカルロ マンチーノ氏の感性を飲み比べ

イタリアの白ワインに、薬草やハーブをアルコールで抽出したものと砂糖を加えたリキュール、ヴェルモット。どんな薬草やハーブ、花、スパイスをどんな配合で加えるかによって、まったく違う味わいになる、魔法のようなお酒です。

このヴェルモットの奥深さを桜を眺めながら堪能できる期間限定コーナー「ヴェルモット ポップアップバー by マンダリン オリエンタル 東京」がオープンしました。

ヴェルモット ポップアップバー by マンダリン オリエンタル 東京のカクテル「大桜」


芸術的な味わいのヴェルモットを飲み比べ!


世界的バーテンダーとして名高いジャンカルロ マンチーノ氏によって厳選されたボタニカル(ここではハーブや花、薬草、スパイスなどの総称)と、彼の芸術的なブレンド技術によって生み出された"究極のクラフト・ヴェルモット"と称される3種のベルモットのほか、日本未発売の2種、そしてマンチーノ氏がこのイベントのために特別に用意した桜フレーバー1種の、合計6種のヴェルモットが堪能できます。

ヴェルモット ポップアップバー by マンダリン オリエンタル 東京で楽しめるマンチーノのヴェルモット

ヴェルモット:マンチーノ セコ、マンチーノ ビアンコ、マンチーノ ロッソ各¥1,800 マンチーノ ヴェッキオ[日本未発売]¥3,300、マンチーノ チナート[日本未発売]¥2,400 マンチーノ サクラオリジナル[オリジナル]¥2,500(すべて税・サービス料別)

今回試飲させていただきましたが、清涼感のあるものから、こってりチーズなんかと合わせたいもの、同じお酒の名称がついているとは思えないほど、多彩な味わいがあることに驚きます。

さらに、色も白やブラウン、赤などさまざまなのですが、すべてベースはイタリアの白ワイン。しかも白ワインが75%以上でなくてはならない、というのがベルモットのルールなんだそう。カラメルで着色したり、樽で熟成させたりしているので、さまざまな色がついているんだとか。

ヴェルモット ポップアップバー by マンダリン オリエンタル 東京には桜の樹が設置

そう聞くと、なんだか飲み比べてみたくなりますよね。今回のポップアップバーでは、3種のヴェルモットを試せるテイスティングセット(ベーシックなセット¥2,300と、スペシャル版のセット¥3,500)が2種登場。両方オーダーすると、6種類が全部試せちゃうんです。


カクテルでヴェルモットの更なる愉しみを知る


さらに、マンダリン オリエンタル 東京のマネージャーオブバー、栗原幸代氏による、このスペシャルなヴェルモットを用いたオリジナルカクテルも登場!

ヴェルモット ポップアップバー by マンダリン オリエンタル 東京のカクテル「大桜」

なかでも「桜カクテル」は、桜前線の動きにあわせて10日ごとに内容が変化する予定。最初は、熊本県阿蘇市に立つ樹齢400年あまりの山桜から着想を得たカクテル「大桜」(写真 ¥2,300 税・サービス料別)からスタート。

ヴェルモット「マンチーノ ビアンコ」をベースに、熊本産のデコポンジュース、甘酒、いちごを使用。さらに桜の塩漬けとシロップ漬けをドライ加工し、春のおせんべい風にしたものをオン。

何種類もの甘みと酸味がふくよかにマリアージュしたところに、桜のおせんべい風の甘さと塩気が加わり、誰が飲んでも美味しさを実感できる、素晴らしいデザートのようなカクテルに仕上がっています。

このイベントは「日本橋 桜フェスティバル」と同時開催中。店内に配された桜の大枝と夜景を堪能しながら、ヴェルモットを飲み比べてのお花見なんて、大人ならではの愉しみ方ができそうです。

 

■[期間限定]ヴェルモット ポップアップバー by マンダリン オリエンタル 東京
マンダリン オリエンタル 東京 37F「センス ティー コーナー」
期間/2017年3月16日(木)~4月16日(日)
時間/18:00~25:00(L.O.)
TEL:0120-806-823  (レストラン総合予約)
http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/
住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1




 

おすすめ記事はこちら
>>【速報】レクサスの新型車・LCは、「理屈抜きで格好いい」ラグジュアリークーペです!

>>今いちばん売れている実力派マスカラで、もっと長く、そして目を大きく見せる!

>>【Precious4月号】春は「大人かわいい」ラグジュアリー・ファッションを極めよう!

Presenter

LIVErary.tokyo
編集部

Profile

ものも情報もあふれている今、本当にいいもの、信頼できる情報と出合いたい── そう願う人のためのデジタルメディア「LIVErary.tokyo(ライブラリートーキョー)」。 毎日の暮らしに少しのラグジュアリーをプラスできる情報、心豊かな暮らしに欠かせない上質な情報を発信しています。小学館の雑誌『Domani』『Precious』『MEN’S Precious』とも連動、色あせない名品情報もアーカイブして掲載しています。

LIVErary.tokyo
http://liverary.tokyo

Archives

五感で楽しむアートなカフェ「LATTE GRAPHIC」が自由が丘にデビュー!

LATTE GRAPHIC

自由が丘店オープン

五感で楽しむアートなカフェ「LATTE GRAPHIC」が自由が丘にデビュー!

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「伝統を守っていく」意識を高めるためにできること【稲岡亜里子さんインタビュー3】

彼女たちの三都物語

「伝統を守っていく」意識を高めるためにできること【稲岡亜里子さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
家業に入ってより大切に感じた人とのつながり【稲岡亜里子さんインタビュー2】

彼女たちの三都物語

家業に入ってより大切に感じた人とのつながり【稲岡亜里子さんインタビュー2】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

インタビュー

「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

彼女たちの三都物語

N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

インタビュー

「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー