24th , Oct. 2015

ロエベ
アマソナ 75

ロエベ『アマソナ』は、才色兼備バッグの最強ラインナップ

喜多容子
Precious
エディトリアル
ディレクター
喜多容子
揺るがない上質さを備えつつ、流行をおさえた新顔が登場するのが『アマソナ』愛がさめない理由。

単品ではもちろん、旅なら斜めがけできるミニ+機内持ち込み用のラージ…というように組み合わせで、活躍シーンが広がるのも魅力です。

ロエベ アマソナ 75

■“ロエベ”のアイコンバッグとして進化し続けてきた『アマソナ』。

1975年誕生当時の台形フォルムに回帰しつつ、シンプル美を強調するロゴやディテールで現代性をトッピングしたのが『アマソナ 75』。ブランドのシグネチャー素材、「アンテ・オロ」(ゴールドのスエードという意味)のベルベットのようにしなやかな風合いも、懐かしくも新鮮!

ロエベ アマソナ LOEWE

■台形マチが収納力の秘密。やわらかなスエードなので体に当たっても痛くないのも優秀。
■素材はスエード×カーフ。内側にはポケットとDリングが付いている。
おすすめ記事はこちら
>>『ボーイ シャネル』のバッグなら、女らしくてカッコいいが叶う

>>アクリスのアイコンバッグを、自分好みにカスタマイズ

>>プラダのトートバッグこそ、上質さとこなれ感を満たす完璧なバッグ

商品詳細

バッグ『アマソナ 75』上から/基本サイズ[縦24×横29×マチ18㎝/ストラップ付き]¥277,000・ラージ[縦28×横37×マチ19㎝]¥314, 000・スモール[縦19×横23×マチ14㎝/ストラップ付き]¥227,000・エクストララージ[縦32×横46×マチ22㎝]¥345,000(すべて税抜)
※この情報は2015年8月7日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ先

ロエベジャパン カスタマーサービス
TEL:03-6215-6116

撮影/小池紀行、宗髙聡子(パイルドライバー) スタイリスト/白井艶美 文/岡本治子

Presenter

喜多容子
Precious
エディトリアル
ディレクター

Profile

小学館にて女性誌編集に携わる。その後、フリー編集者を経て、1992年に編集プロダクション・オフィスHATSUを設立。雑誌『Precious』のエディトリアル・ディレクターとして、創刊号よりファッションを中心に、編集企画・構成を担当している。

Archives

ドルチェ&ガッバーナのショーにも出演、『水曜日のカンパネラ』のコムアイとは?

ドルチェ&ガッバーナ

2017-18 秋冬ウィメンズコレクション

ドルチェ&ガッバーナのショーにも出演、『水曜日のカンパネラ』のコムアイとは?

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
オメガの名作時計『デ・ヴィル』に、50周年記念モデルが華々しく登場

オメガ

「デ・ヴィル」50周年記念モデル

オメガの名作時計『デ・ヴィル』に、50周年記念モデルが華々しく登場

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
タグ・ホイヤーがゲームの世界に?あの『グランツーリスモ』に登場

タグ・ホイヤー

グランツーリスモSPORT

タグ・ホイヤーがゲームの世界に?あの『グランツーリスモ』に登場

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
バリーの2017年ミラノ秋冬コレクションは、'70年代のN.Y.がイメージソース!

バリー

2017年秋冬コレクション

バリーの2017年ミラノ秋冬コレクションは、'70年代のN.Y.がイメージソース!

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
エルメスの手しごと展を観るなら!押さえておきたい注目ポイント【後編】

エルメス

「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”

エルメスの手しごと展を観るなら!押さえておきたい注目ポイント【後編】

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション, ライフスタイル, カルチャー
エルメスの手しごと展を観るなら!押さえておきたい注目ポイント【前編】

エルメス

「エルメスの手しごと展」“アトリエがやってきた”

エルメスの手しごと展を観るなら!押さえておきたい注目ポイント【前編】

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション, ライフスタイル, カルチャー