9th , Jun. 2017

エブール
上質な新作コートがずらり!

エブール(ebure)の2017年秋冬展示会を詳細レポート

ADOREやBODY DRESSINGなどを手掛けてきた酒井典子さんがディレクションを務めるとあって、本格ローンチ前から注目を集めていたブランド、ebure(エブール)。2017年4月にはGINZA SIXに1号店がオープンしました。

そして、先日行われた2017年秋冬の展示会。昨年の2016年はアウター数型のみの展開だったので、初の本格的な秋冬コレクションとなる今回。素敵なアイテムをたくさん見つけたので、早速レポートします!

ebure(エブール)2017秋冬展示会メイン

 

素材、ディテールにこだわったコートがずらり


ebure(エブール)2017秋冬展示会はコート盛りだくさん

まず最初に目についたのが、コートの型数の多さ! 全部で10型、さらにそれぞれカラー展開があり、圧巻です。

どれもベーシックな形をベースに、上質な素材を使い、さりげなくドロップショルダーや、切りっぱなしなど、細かなデザインやディテールで差をつけています。一見普通で、着てみると洗練されて何かが圧倒的に違う、そんな大人の女性にうれしいコートたちです。

ebure(エブール)2017秋冬展示会シャギーコート

メインで展示されていたこちらのシャギーコート(¥180,000 )は、ノーカラーでスッキリしたロングタイプ。シャギーコートやフェイクファーコートは、安っぽくもなりがちなアイテムなので、大人が着るときには質感選びは最重要です。

ebure(エブール)2017秋冬展示会シャギーコート

こちらのコートなら、そんな心配は皆無! ずっと触っていたくなるようななめらかな質感に、チラ見えする裏側まで丁寧に始末された、まさに大人のためのコート。

ebure(エブール)2017秋冬展示会シャギーコート

ときには迫力が出すぎるロングコートですが、背の低い人でもコートに着られることがない、白とグレーの淡いカラーバリエーションも魅力です。

 

ebure(エブール)2017秋冬展示会ボアコート

大人の女性にぴったりな、こんなカジュアルコートも発見しました! 羊革のボア仕立てで、フード部分は表革とボアを逆に使ってアクセントに。

ebure(エブール)2017秋冬展示会ボアコートアップ

ボアコートの内側。黒のレザーパイピングは内側の処理にも施され、まさに大人のラグジュアリーカジュアル。ほかのコートよりはお値段が張るのですが、かっちりしすぎず、くだけすぎずの絶妙なデザインのバランスと上質さは、ebureならではと思いました。ボアコート(¥320,000)

ebure(エブール)2017秋冬展示会トレンチ型コート

トレンチタイプのロングコート(¥120,000 )も。しっかりした大きめの襟で、小顔見せ効果もアップ!

ebure(エブール)2017秋冬展示会ウールモヘアコート

淡いグレーに白が効いたフィールドコート型のコート(¥120,000)は、ウール×モヘアで少し起毛したかわいらしさもある一枚。

ebure(エブール)2017秋冬展示会ノーカラーコート

シンプルなノーカラーコートが、スポーティになったのがこちら。袖の切り替えやポケットがポイントに。ポリエステルとレーヨン、ウレタンの混紡で扱いやすく、お値段もお手ごろ(¥48,000)です。

 

秋冬の最新スタイリングをチェック!


ebure(エブール)2017秋冬展示会スタイリング

ワイドパンツの流れは継続! サイドや胸元のカッティングが特長のニットプルオーバーで、スッキリとした縦長シルエットを実現。

ebure(エブール)2017秋冬展示会スタイリング

エスニックな柄があしらわれたプリントブラウスに、ワイドパンツを合わせて。柄に視線を集め、腰回りを美しく見せるよう計算されたパンツなら、白パンツを敬遠していた人でもトライしやすい!

ebure(エブール)2017秋冬展示会スタイリング

透け感が美しいシルクシフォンのチュニックブラウスに、切りっぱなしのスウェット素材のワイドパンツで、上品なのに力の抜けた異素材MIXスタイル。

ebure(エブール)2017秋冬展示会スタイリング

プレスの泉 有紀さんはボリュームトップスにハイウエストパンツのコーディネート。このパンツ(¥46,000 )は、テーパードできちんとして見えるのに、ウエストを締めすぎず、動きやすいシルエットで長時間気負わず着ていられるんだそう。シャツでもニットでもどんなトップスとも好相性で、働く女性にうれしいアイテムですね。

 

ebure(エブール)2017秋冬展示会小物など

ベーシックカラーに加え、マスタードやロイヤルブルー、赤などを差し色に。

ebure(エブール)2017秋冬展示会会場のようす

ほかにも、ニットやレース使いのアイテムが多数お目見え。ハンサムだけど、女性らしさもしっかりあるのが今回の展示会の特徴でした!

ebure(エブール)2017秋冬展示会の新作は7月から店頭に並び始めます。ebure GINZA SIX店のほか、全国のロンハーマン11店舗(千駄ヶ谷、二子玉川、六本木、有楽町、辻堂、逗子マリーナ、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡店)でもebureの商品を取り扱い中。

ご紹介した以外にも、オフィスに着ていきたいアイテムがたくさん登場するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

*掲載した商品の価格は、すべて税抜きです。

お問い合わせ先
エブールプレス
TEL:03-5412-1871
www.ebure.jp
https://www.instagram.com/ebure_official/ (Instagram)

 

おすすめ記事はこちら
>>エブール(ebure)は大人の女性をきれいに見せてくれる東京発の新ブランド【2017年】

>>なぜ大人の女性は「ネイビー」に魅了されるのか?あまり知られていない神秘的な理由

>>【2017年夏】大人コーデ|グレーとベージュを重ねる「初夏のニュアンス配色」3選

構成/安念美和子(LIVErary.tokyo)

Presenter

LIVErary.tokyo
編集部

Profile

ものも情報もあふれている今、本当にいいもの、信頼できる情報と出合いたい── そう願う人のためのデジタルメディア「LIVErary.tokyo(ライブラリートーキョー)」。 毎日の暮らしに少しのラグジュアリーをプラスできる情報、心豊かな暮らしに欠かせない上質な情報を発信しています。小学館の雑誌『Domani』『Precious』『MEN’S Precious』とも連動、色あせない名品情報もアーカイブして掲載しています。

LIVErary.tokyo
http://liverary.tokyo

Archives

VALENTINO(ヴァレンティノ)|歴史あるイタリアブランドが提案する、究極のエレガンスと洗練された女性像とは

ヴァレンティノ

ブランドヒストリーVol.4

VALENTINO(ヴァレンティノ)|歴史あるイタリアブランドが提案する、究極のエレガンスと洗練された女性像とは

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
1本の万年筆が世代を超える!人々に「モンブラン」がずっと愛され続ける秘密が明らかに

モンブラン

 

1本の万年筆が世代を超える!人々に「モンブラン」がずっと愛され続ける秘密が明らかに

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
中田英寿も来場!ルイ・ヴィトンが2018春夏メンズコレクションで表現した、意外な「旅先」とは?

ルイ・ヴィトン

2018春夏メンズコレクション速報

中田英寿も来場!ルイ・ヴィトンが2018春夏メンズコレクションで表現した、意外な「旅先」とは?

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
デザイナー夫婦による初のコレクション。ジル・サンダーが、2018年リゾートコレクションをミラノで発表

ジル・サンダー

2018年リゾートコレクション

デザイナー夫婦による初のコレクション。ジル・サンダーが、2018年リゾートコレクションをミラノで発表

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
【速報】シャネル銀座にて荒木経惟の新作「東京墓情」日本初公開!

シャネル

荒木経惟×ギメ東洋美術館 Tombeau Tokyo展

【速報】シャネル銀座にて荒木経惟の新作「東京墓情」日本初公開!

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション, カルチャー
リバティ柄のグローブ・トロッターも限定オーダー可能!ビスポークフェア開催中

グローブ・トロッター

ビスポークフェア

リバティ柄のグローブ・トロッターも限定オーダー可能!ビスポークフェア開催中

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション