7th , Jun. 2016

トム フォード ビューティ
ハイ デフィニション アイ ライナー 03

深い海のような美しいブルーで、肌や白目に透明感を

入江信子さん
ビューティ
エディター
入江信子さん
安定した関係は大事にしたいけど、それだけでは物足りない。ときには、ほかに目移りしたくなるのが女という生き物。色恋沙汰の話? いえ、アイメークの話です!

Precious_1606_229-3main

ブラウン系のアイメークはいつもそばにいる夫や彼のようなもの。一方、このブルーのアイライナーは、思わず心がザワつくいい男みたい!?  しかもこちらのブルー、そんじょそこらのブルーとは一味も二味も違います。ほのかに光を帯びたターコイズは深い海の色のよう。ブルーでもはしゃぎすぎていないので、大人の目元にもすんなりなじむ。しかも肌や白目に透明感が出て、若々しく見えるのです。

ブルーだけあって、ボーダーなどのマリンファッションとは好相性なのですが、私はシンプルな黒のワンピースや白シャツを着るときにプラス。「どことなくおしゃれな人」の印象になるし、日常からのちょっとした逸脱といった感覚に浸れるから。大人にこそ夏の“浮気”、おすすめしちゃいます!

■ほんのりグリーンを含んだブルーなので、不自然に浮くことなく肌なじみがいい。白目がより白く明るく見え、キリッとした涼やかな目元に。ワンストロークでクッキリラインになるつきのよさも高評価。

商品詳細

トム フォード ビューティ ハイ ディフィニション アイ ライナー 03 ¥4,300(税抜) ※この情報は2016年5月7日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ先

トム フォード ビューティ
TEL:03-5251-3541

撮影/戸田嘉昭(パイルドライバー) 文 /入江信子

Presenter

入江信子さん
ビューティ
エディター

Profile

メーカー、出版社勤務後、1997年フリーに。美容誌、女性誌を中心に、広告などでも活動中。守備範囲はスキンケア、メイクを中心とする美容全般。自身の経験を基にした、わかりやすく、大人の女性の身になった記事を心がけている。 好きなもの:プリントの服、料理すること(特にグラタンをこよなく愛する“グラタニスト”)と食べること、旅(主に香港とフランスの田舎)、スポーツ観戦(ふだんはサッカー。ワールドカップやオリンピックの時期は寝不足でフラフラに)、深夜のひとり家呑み、海外ミステリー小説、グレージュのネイル、“メゾン フランシス クルジャン”のフレグランス、麻のベッドリネン、白い器、トニー・レオン、『ダウントン・アビー』 

Archives

スマホばかり見るのはNG!3人の皮膚科医に聞いた「首にシワをつくらない7つの良習慣」

 

スマホばかり見るのはNG!3人の皮膚科医に聞いた「首にシワをつくらない7つの良習慣」

LIVErary.tokyo
編集部
ビューティ
若々しい白肌キープ!3人の皮膚科医に聞いた「これ以上シミをつくらない7つの良習慣」

 

若々しい白肌キープ!3人の皮膚科医に聞いた「これ以上シミをつくらない7つの良習慣」

LIVErary.tokyo
編集部
ビューティ
伊勢丹が選んだ、2017年の紫外線対策アイテム10選

紫外線対策アイテム

伊勢丹が選んだ、2017年の紫外線対策アイテム10選

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション, ビューティ
オーストラリアの最新美容!アユルヴェーダ×アロマセラピーの日本初上陸ブランド「サトル エナジーズ」って?

マンダリンオリエンタル東京

サトル エナジーズ ホリスティックメニュー

オーストラリアの最新美容!アユルヴェーダ×アロマセラピーの日本初上陸ブランド「サトル エナジーズ」って?

LIVErary.tokyo
編集部
ビューティ, ライフスタイル
「トム フォード」のフレグランス パートナーと選ぶ4つの香り

トム フォード ビューティ

 

「トム フォード」のフレグランス パートナーと選ぶ4つの香り

LIVErary.tokyo
編集部
ビューティ
女が選ぶ、男が纏うべき「トム フォード」の創る香り

トム フォード ビューティ

 

女が選ぶ、男が纏うべき「トム フォード」の創る香り

LIVErary.tokyo
編集部
ビューティ