4th , Jul. 2016

ブレゲ
ペルル・アンペリアル ハイジュエリーウォッチ

ブレゲならではの、絶世のジュエリーウォッチがここに!

岡村佳代さん
時計&ジュエリー
ジャーナリスト
岡村佳代さん
「時計の進化を2世紀早めた」とその偉業が讃えられる時計界のレジェンド、アブラアン-ルイ・ブレゲ。その天才時計師は複雑機械式時計だけではなく、優雅なジュエリーウォッチも製作していました。

breguet

歴史を彩った女性たちも多く顧客にもっていたブレゲですが、ナポレオン・ボナパルトの妻、ジョセフィーヌもそのひとり。今年は彼女が愛用していた、手で時間を知る触覚時計「モントレ・ア・タクト」をモチーフにした、美しいジュエリーウォッチが登場!

やわらかな曲線を描くケースを取り巻くブリリアントカットダイヤモンドは、合計23個、約4.12カラットという豪華さ。ケースからこぼれ落ちた雫のようにあしらわれた大粒のアコヤパールとともに、その内側に宿す最高峰のムーブメントを彩ります。

■ダイヤモンドやパールが織りなす華やぎと、クラシカルなブルースチールの「ブレゲ針」が際立つシンプルなダイヤルが見事に調和。トレンドのパープルカラーのストラップが、その高貴な表情に艶やかさを添えて。

AND MORE...
>>眩暈を誘うような美しさを湛えた、待望の新ジュエリーウォッチコレクション
>>いつかは息子に譲ったり…。夢が広がる名ウォッチ
>>世にも美しい下地、こういうビジュアルにひとめ惚れできないと、女は綺麗になれない

商品詳細

ペルル・アンペリアル ハイジュエリーウォッチ[ケース:ホワイトゴールド、ケースサイズ:縦34.4×横28.7㎜、ストラップ:サテン、自動巻き] ¥12,310,000(予定価格/税抜) ※2016年年末発売予定 ※この情報は2016年6月7日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ先

ブレゲ ブティック銀座
TEL:03-6254-7211

撮影/武田正彦 文/岡村佳代

Presenter

岡村佳代さん
時計&ジュエリー
ジャーナリスト

Profile

東京都出身。大学在学中から雑誌『JJ』などで執筆活動を開始。女性向け本格時計のムックに携わったことから、機械式時計に開眼。『Precious』などの女性誌において、本格時計の魅力を啓蒙した第一人者として知られる。SIHHとバーゼルワールドの取材歴は、女性ジャーナリストとしては屈指のキャリアの持ち主。「時計界の裏探偵ファイル」(WWD JAPAN)、「岡村佳代のおしゃべりトゥールビヨン」(クロノス ファム)などを連載中。

好きなもの:海、ハワイ(特にハワイ島)、伊豆(特に下田)、桑田佳佑様、白い花、シャンパン、純米大吟醸酒、炊きたてのご飯、たまご、“芽乃舎”の野菜だし、“エルメス”のバッグと“シャネル”の靴、グレーのパーカー、温泉、スパ、素敵旅館、村上春樹、宇野千代先生、神社、日本の陶器(特に唐津焼)、朝ドラ、ドラミちゃん、長文のインタビュー原稿

Archives

【速報】アニオナのクマちゃんがズラリ。ポップアップストアが伊勢丹新宿店で開催中

アニオナ

 

【速報】アニオナのクマちゃんがズラリ。ポップアップストアが伊勢丹新宿店で開催中

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
【秋田編】独自の個性を放つ地方のセレクトショップがおもしろい

FEMME et MODE

 

【秋田編】独自の個性を放つ地方のセレクトショップがおもしろい

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
カルティエの伝説的アイコン時計『パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ』が再び登場!

カルティエ

パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ

カルティエの伝説的アイコン時計『パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ』が再び登場!

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
シャネルのカール ラガーフェルド写真展は「マリー・アントワネット展」と連動した大プロジェクト!

シャネル

カール ラガーフェルド写真展「太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影」

シャネルのカール ラガーフェルド写真展は「マリー・アントワネット展」と連動した大プロジェクト!

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション, カルチャー
ルイ・ヴィトンでアニマルと動画撮影できる!六本木ヒルズ店で1月31日まで

ルイ・ヴィトン

六本木ヒルズ店

ルイ・ヴィトンでアニマルと動画撮影できる!六本木ヒルズ店で1月31日まで

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション
カール ラガーフェルド写真展、シャネル銀座で開催中。もちろん日本初!

シャネル

カール ラガーフェルド写真展

カール ラガーフェルド写真展、シャネル銀座で開催中。もちろん日本初!

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション, カルチャー