3rd , Oct. 2016

和光
マロンショコラ・マロングラッセ詰め合わせ

栗の味が生きたマロングラッセは、グルメも大満足の味

大森由紀子さん
フランス菓子
料理研究家
大森由紀子さん
和光(WAKO)のマロンショコラとマロングラッセ
大粒の栗が端正に並ぶ姿はさすが。いわずと知れた名店のこだわりが詰まった品格ある贈り物は、フランスで食べたマロングラッセの味を思わせる本格派。驚くほどやわらかく、濃厚なのに甘すぎないので、年配の方にも気に入っていただけます。お酒にも合うので男性にも喜ばれますし、お抹茶と一緒にいただいても美味。

 

■マロンショコラにはイタリア・トリノ産、マロングラッセにはナポリ産と、それぞれに合う栗、製法で作られる。マロンショコラ・マロングラッセ詰め合わせ12個入り[マロンショコラ8個、マロングラッセ4個]¥8,000(税抜) 取り寄せ可 日持ち/15日 ※この情報は2016年3月1日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

 

■和光アネックス ケーキ&チョコレートショップ
東京都中央区銀座4-4-8 1F
TEL:03-3562-5010
営業時間/10:30~19:30、日・祝~19:00
定休日/年末年始
http://www.wako.co.jp


おすすめ記事はこちら
>>鎌倉・歐林堂の「パトロン」は人気のご当地土産


>>2017年は栗に注目!冬の褒められ手土産はマロンのスイーツに決まり

>>シャンパンに合う簡単レシピ1『イワシのインボルティーニ』

撮影/鍋島徳泰 文/田中美保・赤木さと子(スタッフ・オン)

Presenter

大森由紀子さん
フランス菓子
料理研究家

Profile

学習院大学フランス文学科卒。パリ国立銀行東京支店勤務後、パリの料理学校で料理とお菓子を学ぶ。フランスの伝統菓子、地方菓子など、ストーリーのあるお菓子や、田舎や日常でつくられるダシをとらないフランスのお惣菜を雑誌、本、テレビなどを通して紹介。目黒区祐天寺にて、フランス菓子と惣菜教室を主宰する。著書は『わたしのフランス地方菓子』『フランス地方のおそうざい』(ともに柴田書店)など30冊ほど。

好きなもの:フランス語で歌うシャンソン、シャンパーニュ、推理小説、旅、文を書くこと、街散歩、フランス映画

公式サイト
http://yukiko-omori-etre.com/

Archives

「伝統を守っていく」意識を高めるためにできること【稲岡亜里子さんインタビュー3】

彼女たちの三都物語

「伝統を守っていく」意識を高めるためにできること【稲岡亜里子さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
家業に入ってより大切に感じた人とのつながり【稲岡亜里子さんインタビュー2】

彼女たちの三都物語

家業に入ってより大切に感じた人とのつながり【稲岡亜里子さんインタビュー2】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

インタビュー

「仕事が忙しいからできない」の嘘。豊かな人生に欠かせない3つのタスク【岸見一郎さんインタビュー5】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

彼女たちの三都物語

N.Y.のカメラマンから、京都の老舗蕎麦店の16代目当主に【稲岡亜里子さんインタビュー1】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

インタビュー

「本気出してないだけ」の後輩は、ほめず、叱らず伸ばす【岸見一郎さんインタビュー3】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
ミスをしたときこそ、部下を守れるか【岸見一郎さんインタビュー2】

インタビュー

ミスをしたときこそ、部下を守れるか【岸見一郎さんインタビュー2】

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー