12th , Aug. 2016

ファクトリー ズーマ

辻 和美さんがつくる、とっておきのガラスを食卓に

高木史郎
和樂編集長
高木史郎
waraku0005

今年4月、金沢21世紀美術館すぐ近くにオープン。「生活の中のハレ」に 着目した企画展を行うギャラリーです。

店主はガラス作家の辻 和美さん。奥まったところが、辻さんの工房「ファクトリー ズーマ」のガラスを紹介するスペースです。

棚には、不透明な色ガラス、オペイクシリーズも。スモーキーな色の皿を何枚か重ねてみたり、カップと皿を色違いで合わせてみたり...色のガラスって楽しい!

「来てくださった方とスタッフが、会話をしながらいっしょに選べる。そういう贅沢な場所を考えました」(辻さん)

週末は辻さんも店に立つことが多いとか。使い手とつくり手が、コミュニケーションをとれる場所です。

■写真はファクトリー ズーマの作品。このほか、全部で約300種あるという定番のグラス類も、棚のサンプルを手に取ってオーダーできる。通常は半年待ちだが、こちらで注文すれば2か月で購入可能。

■ファクトリー ズーマ
石川県金沢市広坂1-2-20
TEL:076-255-6826
営業時間/11:00〜18:00
定休日/月曜(祝日の場合は営業・火曜休)
http://www.factory-zoomer.com

■特集「工芸の聖地、金沢で愛すべき器やガラスに出会う旅」はこちら

 

おすすめ記事はこちら
>>いつも飲んでいる水やお酒をおいしくする、江戸切子のグラス

>>絶品チーズスフレは「工房あめつち」の陶皿で

>>吉田直嗣さんの白磁リム皿は、「個性」と「協調性」を併せもつ逸品

商品詳細

写真左/色ガラス「opaque」シリーズより、かわいいリム皿 2.5寸 各¥4,000・写真右/カットグラスの技で模様を施したグラス/価格未定(全て税抜)

写真/篠原宏明 文/輪湖雅江

Presenter

高木史郎
和樂編集長

Profile

1970年生まれ。大学卒業後2年間、ヨーロッパ、北アフリカを中心にバックパック旅行を経験。テレビの制作会社を経て小学館入社。『Domani』7年、『和樂』13年の編集を手がける。ウェブマガジン『INTO JAPAN』編集長を兼務。

好きなもの:仏像巡り、土門 拳、喫茶店、マンガ、ボブ・マーリー、雑草観察、スキー、どぶろく、ビール、トルコライス、セントジェームス、顔ハメ写真

INTO JAPAN
http://intojapanwaraku.com/

Archives

自分を引き立てる、元気づけてくれる花とジュエリーに出会う

花を飾る、花を身につける
季節を感じる花とジュエリーの魅力

自分を引き立てる、元気づけてくれる花とジュエリーに出会う

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
【福岡グルメ】博多山笠の界隈で美味なるランチ 「石堂橋 白つぐ」

美味しい福岡旅 vol.3

【福岡グルメ】博多山笠の界隈で美味なるランチ 「石堂橋 白つぐ」

鳥越 毅さん
編集家
ライフスタイル
見えないところや裏までも美しさを貫く、クリエーターのこだわり

花を飾る、花を身につける
季節を感じる花とジュエリーの魅力

見えないところや裏までも美しさを貫く、クリエーターのこだわり

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
浴衣でジャズ!小粋な夜を演出するコットンクラブの夏イベント「YUKATA de JAZZ」に注目

コットンクラブ

「YUKATA de JAZZ」

浴衣でジャズ!小粋な夜を演出するコットンクラブの夏イベント「YUKATA de JAZZ」に注目

LIVErary.tokyo
編集部
ニッポン, ライフスタイル, カルチャー
つぼみから始まるストーリー。北欧と和のエッセンスを融合して

花を飾る、花を身につける
季節を感じる花とジュエリーの魅力

つぼみから始まるストーリー。北欧と和のエッセンスを融合して

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル
【大阪・兵庫】歴史的建造物でビアガーデン!? 夏の夕暮れをロマンティックに

2017年ビアガーデン情報<歴史歴建造物でビール!>

【大阪・兵庫】歴史的建造物でビアガーデン!? 夏の夕暮れをロマンティックに

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル