22nd , Aug. 2016

劇作家の長塚圭史さんが、ディナーのように楽しむモームの短編集

長塚圭史さん
劇作家 演出家
俳優
長塚圭史さん
essay

積極的に短編小説を読むほうではない。閃きに次々感心するあまり、さてそれぞれどういう話であったかと中身が霞んでしまうことがままあるからである。慌てて読み進めれば余計にそうなるので、一編読んでは置いておき、またしばらくしてからもう一編と、数日かけて、長いディナーを楽しむように読み進めることが多い。

最初の一編「アンティーブの三人の太った女」はまさに見事な前菜。『月と6ペンス』も未読の私は初モームであるゆえ予測は不能であったが、実にウィットに富んでおり、小気味よい結末をひょいと投げ込まれる。前菜と言っても決してあっさりし過ぎず、たとえばパクチーとブルーチーズのような強い個性を混ぜ合わせたら、こんな素敵な味わいのサラダになるのかといったような歓びを与えてくれる。これは二編目を読み始めずにはいられない。

「征服されざる者」の衝撃。同じ作家が書いたとは思えないほどの冷徹な筆致。あっという間に読み終えたのに、長編を読破したような疲労感。私はここで一度本を置いた。とっておきのステーキを口に入れた途端、その芳醇に、胡椒を利かせた白色の濃厚ソースに、ミディアムレアの完璧な焼加減に舌鼓を打つ。思わず訳者の金原さんにメールをお送りしてしまった。シェフに賛辞を贈らずにいられなくなったというわけだ。

半月ほどして、また先を読み進める。ここからまたバラエティに富んだ作品群がずらりと並ぶ。「マウントドラーゴ郷」は一転してまさにロアルド・ダール的怪奇色を帯びる。「サナトリウム」にはまるで違う爽やかな清廉な風が漂うし、「ジェイン」の痛快さといったらない。短編集はゆっくり読み進めたい私も、今回は無理であろうと覚悟を決め、すっかり腹を空かせて、いっきに読み進めたというわけだ。

表題作の軽やかな結末。編集の素晴らしさに、思わず声が出た。

おすすめ記事はこちら
>>村上春樹の新訳で鮮やかになる、小澤征良さんおすすめの小説
>>TSUTAYAの間室道子さんが読み解く、パリとN.Y.それぞれのライフスタイル
>>書籍のプロが選ぶ、おすすめ作品の数々はこちら

商品詳細

『ジゴロとジゴレット モーム傑作選』著=サマセット・モーム 訳=金原瑞人 新潮文庫 ¥630(税抜)
※この情報は2016年7月7日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

撮影/田村昌裕(FREAKS) 文/長塚圭史

Presenter

長塚圭史さん
劇作家 演出家
俳優

Profile

1975年、東京都出身。1996年、演劇プロデュースユニット「阿佐ヶ谷スパイダース」を旗揚げ、作・演出・出演の三役を担う。2008年、文化庁新進芸術家海外研修制度にてロンドンに1年間留学。2011年、「葛河思潮社」を始動。近年の作品に舞台『浮標』演出・出演、『夢の劇─ドリーム・プレイ─』台本・出演、『ツインズ』作・演出、『十一ぴきのネコ』演出、『かがみのかなたはたなかのなかに』作・演出・出演、『蛙昇天』演出など。また俳優として、NHK『あさが来た』、NTV『Dr.倫太郎』、WOWOW『グーグーだって猫である』シリーズ、映画『バケモノの子』、TOKYO FM『yes!~明日への便り~』など積極的に活動。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。 好きなもの:サム・ペキンパー、鰻、文房具(特にノート)、散歩、澁澤龍彦、カレー、ロンドン、春の祭典、高校野球、ナイツ、広島東洋カープ、塚本晋也監督『野火』、ソーセージ、冬、猫のいる生活、足、三好十郎、空いているバス、そば屋で昼酒、昔の原宿、本屋、『宇宙戦争』、日曜の朝のラジオ、有元利夫、早川義夫、下北沢ザ・スズナリ、アントニオ・タブッキ、CAMPER、市川紗椰、諸星大二郎

Archives

ワイン通は必見!「日本一のソムリエ」を決める熱き戦いで、最年少出場者が優勝

第8回全日本最優秀ソムリエコンクール

ワイン通は必見!「日本一のソムリエ」を決める熱き戦いで、最年少出場者が優勝

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー
大人気の「ミュシャ展」担当、本橋弥生さんに聞く「学芸員」のお仕事とは!?

国立新美術館

学芸員インタビュー

大人気の「ミュシャ展」担当、本橋弥生さんに聞く「学芸員」のお仕事とは!?

本橋弥生さん
国立新美術館・主任研究員 広報・国際室長
ライフスタイル, カルチャー
【4月25日まで】ロジェ ヴィヴィエのPOP UPイベントで銀座にいながらパリのエスプリを感じる!

ロジェ ヴィヴィエ

ポップアップイベント「Jardin Vivier」

【4月25日まで】ロジェ ヴィヴィエのPOP UPイベントで銀座にいながらパリのエスプリを感じる!

LIVErary.tokyo
編集部
ファッション, カルチャー
「ミュシャ展」大ヒット!担当者が語る、プロも苦心した巨大展示成功までの道のり

国立新美術館

開館10周年 チェコ文化年事業「ミュシャ展」

「ミュシャ展」大ヒット!担当者が語る、プロも苦心した巨大展示成功までの道のり

本橋弥生さん
国立新美術館・主任研究員 広報・国際室長
ファッション, カルチャー
銀座の「職人たちの今」に迫るドキュメンタリー映画が撮影進行中【クラウドファウンディング】

God’s IN ZA details 銀座|裏通りの職人たち

銀座の「職人たちの今」に迫るドキュメンタリー映画が撮影進行中【クラウドファウンディング】

LIVErary.tokyo
編集部
カルチャー
VIP専用!GINZA SIX(銀座シックス)のプレミアムラウンジ「LOUNGE SIX」が豪華すぎると話題

GINZA SIX

LOUNGE SIX

VIP専用!GINZA SIX(銀座シックス)のプレミアムラウンジ「LOUNGE SIX」が豪華すぎると話題

LIVErary.tokyo
編集部
ライフスタイル, カルチャー