鴻巣友季子さん

Presenter

鴻巣友季子さん
翻訳家
エッセイスト

Profile

英語圏の現代作家の作品を翻訳、紹介すると同時に、『嵐が丘』『風と共に去りぬ』など古典文学の新訳にも力を注ぐ。また、翻訳のあり方や方法論に関する評論を続けている。文学とワインを論じ合わせる異色のワイン文学論「カーヴの隅の本棚」を「文學界」に足かけ9年連載。国内外の文芸評論も行い、朝日新聞、毎日新聞の書評委員の後、週刊朝日および週刊ポスト書評委員、週刊新潮書評者に。NHKラジオ第1「すっぴん!」内「本、ときどきマンガ」担当。2012年より学習院大学非常勤講師。2016年前期、津田塾大学非常勤講師。

好きなもの:クラシックピアノ、ワイン(基本的にはブルゴーニュ。近年は南アなどにも夢中)、猫(やっぱり雑種の和猫)、映画(ウェス・アンダーソンとか)、細めの附箋、ダウントン・アビー、北イングランドのアクセント、L’Arte Del Gelato(NYC)のピスタチオアイス、チェルシー・マーケット(NYC)、Rebelle(NYC最強のワインバー)、ブロードウェイとウエストエンド・ミュージカル(2015年ベストはFun Home)、エリオット・ハンナ、ジャズダンス、東京国際文芸フェスティバル(サポーターやってます)、ラ・フォル・ジュルネ(アンバサダーやってます)、豆煎餅、ミラベルのカヌレ、セージ色のリボン……

直木賞受賞作!恩田 陸さんの『蜜蜂と遠雷』は、「音」を言葉で表現した傑作

蜜蜂と遠雷

直木賞受賞作!恩田 陸さんの『蜜蜂と遠雷』は、「音」を言葉で表現した傑作

鴻巣友季子さん
翻訳家
エッセイスト
カルチャー
『ローマの休日』の脚本を手がけた、ダルトン・トランボの伝記小説

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

『ローマの休日』の脚本を手がけた、ダルトン・トランボの伝記小説

鴻巣友季子さん
翻訳家
エッセイスト
カルチャー
作家・角田光代の真骨頂であり新境地。『坂の途中の家』の恐ろしさとは

坂の途中の家

作家・角田光代の真骨頂であり新境地。『坂の途中の家』の恐ろしさとは

鴻巣友季子さん
翻訳家
エッセイスト
カルチャー